恋愛経験談

【恋愛・経験談】夢を見て起きたら号泣していた!その夢の話

更新日:

Pocket

ある日、夢を見て起きたら号泣していました。

普段夢を見ると忘れるので、その時は感動したので速メモをとって忘れないようにしました。

記事の内容

そのメモを見返してどんな夢だったのか書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

恋愛の経験談:夢を見て起きたら号泣していた話

神社にたくさんの人とお参りに行っていました。

 

そうするとなぜかたくさんの女性がいて(普段こんなことないです(笑))僕がどの女性を選ぼうか大会ーみたいなのが開催されていて、ある人が食材に変身しました。

 

何の食材かは明確に覚えていませんが、確かキムチだった気がします(´゚д゚`)

 

そして、僕はそこにたくさんいた女性を何人か選ぶことになりました。

「この子にしよ♪」

選んだにもかかわらずなぜかキャンセル…

また探してキャンセル…

 

選ぶことができなかったのでそこら辺にいた男性に

「あなたならどの子を選びますか?」

と聞くと、

ニコル
「俺やったらこいつやな!」
と言ってから、なんとその時は女性ではなくて『食材』を選んだのです。

その瞬間号泣してから目が覚めて、起きた時もしばらく号泣していました。

まず夢を見て覚えていることがなかったのですが、この時は内容を覚えていたので忘れないようにメモをとりました。

おかげで今思い出して記事にできています。

なぜ号泣したのかは意味が分かりません…

もしかしたら、見た目よりも中身で選べよ!と夢で言われていたのかもしれません。

まとめ

あなたも夢を見て覚えていたっていう経験談はありませんか?

正夢と言われているように「夢を見たら現実でもその夢が再現される」と良いことなら再現されてほしいものです。

ただ、その夢を見てからしばらくたったのですが、再現されていません。

「どういうことやー( 一一)」

まあ気長に待ちたいと思っています。

それでは♪

The following two tabs change content below.
こんにちは! ゆうきと言います。 元ホストの経験を活かして、恋愛関係の記事を書いていこうと思っています。 よろしくお願いします。

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。
更新する度に見たい人は登録してね♪

-恋愛経験談
-, , ,

Copyright© 恋愛マッチング , 2019 All Rights Reserved.